ブロガー
むぎ
保育士経験7年以上の経験を活かして、保育士が自分らしく働くためのサイト【むぎクエスト】を運営中。ブラック保育園の裏側やリアルな体験をもとに、本当に自分に合う保育園を見つけるお手伝いをします。 筆者自身も、保育士を大切にしてくれるホワイト保育園に転職の経験あり。
\ Follow me /
保育士転職

HSPは保育士に向いてない?上手く活かす方法を保育士が伝授!

こんにちは。むぎです(@mugiquest

HSP保育士

HSP気質私に、保育士は向いているの?

情報に敏感なHSPさんにとって、「情報に溢れた」保育園という場所は、疲れる原因でもあります。

HSPさんとって、保育士が向いているのかどうか?

HSP気質の元保育士が徹底解説します。

結論

HSPさんは保育士に向いてはいますが、上手く特長を生かす必要があります!

HSPさんが気を付けるべき点対処法を解説します。

>>元保育士が徹底比較!HSPにおすすめの転職エージェント5選

HSP保育士さん徹底分析!

HSPの特長①子ども・保護者の感情に気付き、深く共感しすぎてしまう

虫めがねでものを見る子供のフリーイラスト素材

共感しすぎてしまい、疲れやすいです。

また、相手の悲しい気持ちや、イライラする気持ちに引っ張られてしまい、疲弊します。

また、情報に敏感で、(あの子はこれがしたいんだよね。)(あの子は、○○を求めているのか)(あの子は、少し寂しそうだから関わりを増やさなきゃ。)と頭の中が、パンパンで身動きが取れなくなったり、満たしてあげられなかった思いから、罪悪感を感じてしまうこともあります。

\対処法/

人の感情に気付けることは、とても素晴らしい才能

対人関係が多い保育士にとっては、必要不可欠な素質です。

子どもや保護者の気持ちにも気づきやすく、信頼関係が築きやすいです。

対処法としては

  1. 優先順位をつけること
  2. 他の職員と協力すること

①複数担任の場合は、気づいたことを情報を共有し合いましょう。子どものことを「最近○○くん、○○で・・」と早めに共有しておくことで、「私も、気にしてみてみるね。」 と協力体制を作ることが出来ます。

②幼児クラスのような1人担任は、優先順位をつけましょう。そうすることで、行動に迷いが減ります。効率動けることで、他の子との関わりも増やせます。

HSPの特長②深く物事を考えすぎてしまう

考え事をする女性のフリーイラスト素材

考えすぎてしまうことで、完璧主義になりやすいです。完璧を求めすぎてしまうと、どんどん追い込んでしまいます。

仕事が終わっても、反省会をしてしまい・・「もっとこうしなきゃ。」「あれも足りないこれも足りない。」など考えが止まらなくなることにも、注意です。

\対処法/

「ま、いっか」を少し覚えましょう!!完璧なんて、この世にありません。また、悩みすぎて止まっているくらいなら、先輩に一度アドバイスをもらいましょう!

切り替えも重要です。仕事が終わったら、音楽を聴いてリラックスタイムを作ったり、『家では仕事のことを考えない』などルールを作ることも効果的。普段から人の何倍も考えているHSPさんは、考えない工夫が必要です。

考え続けられることで、より良いものが思いつく点は、とてもメリットです!

うまく付き合いながら、活かしていきましょう!

HSPの特長③先を読みすぎてしまう

スマホを見ながら悩む女性の無料イラスト

先を読むことが得意なので、子どもを見ながらも、常に「危険がないか」と考えてしまうことで、疲れやすいです。

心配しすぎているときは、少し頭を休めましょう!

\対処法/

保育士は命を預かっているので、先を読むことは必ず必要な力です。

この思考を抑える必要は全くありませんが、心配しすぎると体力が持ちません。

『ここにこれがあると、子どもが転ぶかもしれない。』『これが足りないと、○○するときに困るかもしれない。』というように、前もって考えられる力は、保育士にとって必要な力です。

うまく思考をコントロールして、切り替えていきましょう!

保育士がHSPとうまく付き合う方法まとめ

保育士さんの無料イラスト
  • 子ども・保護者の感情に気付き、深く共感できる力
  • 深く物事を考える力
  • 先読みする力

と上手く付き合いHSPを活かしていきましょう!

良いところがたくさんある反面。気を付けなければならないことも多いHSP。

良いところを、自分で把握してどんどん生かしていくことが出来れば、保育士として十分向いているといえると思いますよ。

周りの刺激に敏感なHSPは、働く環境が命とも言えます!

HSP気質の保育士ほど、自分に合った働く環境を大事にしましょう!詳しくは、「保育園の見極め方!保育の質が高い働きやすい環境を知ろう」の記事をお読み下さい。

\励みになります/

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です