保育士転職

保育士フリーランスって?おすすめの働き方とリアルな魅力を公開

保育士フリーランス

新しい働き方が増えてきた中で、”フリーランス”という言葉もよく聞くことが増えてきました。

私自身、保育園で働いている時に体調を崩し退職を選択しました。保育士を離れたものの、何か経験を役に立たせたい!ということで、”保育士経験”や”保育士資格”を活かして働けないか?ということを模索し続けました。

そこで、見つけた一つの働き方が『保育士フリーランス』です。

▶この記事で分かること

  • 保育士のフリーランスとは?
  • 保育士フリーランスの仕事内容
  • 保育士フリーランスの魅力
  • 保育士フリーランスのデメリット

保育士フリーランスに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

保育士フリーランスとは?

そもそもフリーランスとは、会社などに属さず個人で仕事を契約する働き方です。

代表的なもので言うと、カメラマンやライター、プログラマーなどがあげられますが職種は多岐にわたります。

『自分の能力を活かしてより自由に働きたい』という思いがある方にピッタリの働き方です。

保育士フリーランスのおすすめの働き方

保育士フリーランスの仕事内容は下記のようなものがあります。

  • ベビーシッター
  • ライター
  • イラストレーター

ベビーシッター

ベビーシッターとは、保護者のかわりに0歳~小学生くらいの子どものお世話をする仕事です。個人で起業する方法もありますが、はじめは利用者と働き手を繋ぐサービスを利用するとスムーズです。

有名なものだと、「キッズライン」や「ポピンズシッター」などがあります。

WEBライター

WEBライターとは、WEB上に掲載される記事を執筆する仕事です。

中には、保育士の経験を活かした執筆もあります。

個人で仕事をとることも可能性ですが、WEBライターとしての経験を積んでからがおすすめ。WEBライターなんて自分に出来るのかな?と思う方は仕事が受注できるプラットフォームに登録しておくとすぐに仕事を体験できますよ。

プラットフォームは、私自身も使用しているクラウドワークスをオススメしています!副業をしてスタートしてもよいですよ。

>>『クラウドワークスの副業!保育士にこそおすすめする理由4つ』で詳しく解説しています。

イラストレーター

クライアントに応じて、必要なイラストを描くお仕事です。

保育士をしている方には、絵を描くことが好きな人も多いですよね!ポスターやチラシ、本などの紙媒体もありますが、WEBサイトに使う挿絵の需要も高いです。

イラストレーターに興味がある方は、ココナラなどのサービスで絵を描いてほしい人と繋がることができますよ。副業として始めることもできます。

>>『ココナラで副業!保育士が出品すべきものと成功の秘訣』で詳しく紹介しています。

保育士フリーランスの魅力

保育士フリーランスの魅力は下記の通りです。

  • 好きな場所で自由な働き方ができる
  • 今よりも収入アップできる可能性がある
  • 人間関係の悩みが軽減される
  • 得意な仕事を活かせる

好きな場所で自由な働き方ができる

フリーランスの1番の魅力としては、『自由度が高い』ということです。

組織に属さないため、出勤時間や出勤日は決まってません。仕事によっては、パソコン1台でも良いため好きな場所で行うことができます。

朝の満員電車にも乗らずにすむのは良いですよね。

今よりも収入アップできる可能性がある

会社員の場合は給与が決まっているので、大幅に給与がアップすることは少ないです。

フリーランスの場合は、自分で仕事量や金額を調節できるので、働き方によっては会社員にいた時よりも給与があがるでしょう。

人間関係の悩みが軽減される

人間関係がどうしても苦手という方もいますよね。会社に属さないフリーランスは、保育園に居たころとの人間関係とはかわってきます。

仕事の相手も自分で選択できるので、どうしても合わないという人とは離れることができます。働き方を安定させれば、人間関係のストレスは以前よりも軽減されますよ。

得意な仕事を活かせる

保育園にいた時は、苦手な業務もあった方もいるかもしれません。もちろん苦手なことにも挑戦して、克服することも意味のあることです。しかし、ストレスが大きすぎて体や心に支障をきたしては、長く働くことが難しいですよね。

フリーランスは自分で仕事を選択できるので、得意なことがある人は存分に活かすことができます。

自分の得意なことが、誰かの役に立つことは嬉しいですよね。

デメリットを理解しておこう

魅力が多いフリーランスですが、デメリットもあります。自由度が高いということは、自分で調節しなくてならないことも多いからです。

  • 生活リズムが崩れやすい
  • 収入が不安定になる
  • 仕事がすぐに見つかるとは限らない
  • 税金や各種手続きを自分で行う必要がある

生活リズムが崩れやすい

働く日や時間が自由ということは、生活のリズムも自由です。

つい遅くまで起きてしまうことで、朝が起きられなくなるという事態も起きやすくなります。

仕事をカレンダーなどでしっかり管理して、生活リズムに気を付けられることがとても大切です!

収入が不安定になる

自分で仕事を見つけるため、案件によっては安定しない可能性もあります。また、仕事が急になくなったということもあるかもしれません。

月に必要な収入を考えておき、仕事量を調節する必要があります

仕事がすぐに見つかるとは限らない

「今日からフリーランス!」と言っても、仕事がすぐに出来るわけではありません。生活もあるので、今の保育園を退職した瞬間に、お金の不安がつきまとうこととなるでしょう。

私は、まずは副業として経験してみることがよいかなと思います!経験してみることで、”これならできるかも”と思うかもしれませんし、”難しいかも”と感じるかもしれません。

>>『保育士の副業おすすめ9選!資格や経験を活かしてスキマ時間に稼ぐ方法』という記事で、副業について詳しく解説しています。

税金や各種手続きを自分で行う必要がある

保育園に居たことは、あまり細かいことは気にしていなかった「税金」の問題に直面します。今までは、会社が行ってくれていた各種手続きも自分で行うこととなります。

自分で確定申告をして税金を支払うので、はじめは金額の大きさに驚くかもしれません。

「確定申告?!」「え、手続き!?」

そう思った方におすすめの本がこちら↓

漫画でめちゃくちゃ分かりやすいです。私も、読みましたが1日もかからず読めましたよ。

税金・確定申告・開業届……正直私も考えたくありません(涙)

しかしお金のことを考えるいい機会になったので、これだけでも価値のある勉強だったなと思っていますよ。

フリーランスは働き方のひとつとして考える

保育士フリーランスについて解説しました。

保育士として保育園で働くことも、フリーランスで働くことも、どちらも立派なお仕事です。

  • 自分が何をしたいのか?
  • どこで叶えられるのか?
  • どんな働き方に合っているのか?

上記のことを見つめた先に見えてくるものはあるかもしれません。

ひとつの働き方として、検討していただけると幸いです。

保育士以外で子どもと関わる仕事
保育士以外で子どもと関わる仕事って?自分の力を発揮できる8つの職場保育士以外の職場で、子どもと関わる仕事を探している方におすすめの職場を8選ご紹介します。『保育園の以外の場所で、子どもの役に立ちたい!』という方は、ぜひ職場探しのヒントにしてくださいね。...

このサイトでは、保育士のキャリアアップのための情報発信を行っています。

  • 保育士フリーランスについてもっと知りたい
  • 保育士の働き方について質問がある
  • 保育士の転職について知りたい

そんな方がいましたら、お問い合わせからご連絡いただけると嬉しいです。時間がかかるかもしれませんが、内容によっては記事にしてお答えできたらと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。