ブロガー
むぎ
保育士経験7年以上の経験を活かして、保育士が自分らしく働くためのサイト【むぎクエスト】を運営中。ブラック保育園の裏側やリアルな体験をもとに、本当に自分に合う保育園を見つけるお手伝いをします。 筆者自身も、保育士を大切にしてくれるホワイト保育園に転職の経験あり。
\ Follow me /
保育士転職

HSP気質で保育士が辛い人が、楽になる考え方3つ

HSP保育士

保育士を続けたいけど毎日辛い・・

体力が持たない・・

そんな保育士さんも少なくありません。

刺激に敏感で、深く物事を考えすぎてしまうHSPさんは、「疲れやすいのが特徴」です。

>>HSPってなに?3分で簡単HSPセルフチェック診断!

  • 私も、保育士に向いているのか?
  • どうして体が持たないのか?

と、毎日悩んでいました。

結論からお話しすると・・

HSP保育士が楽になる考え方3つ
  • 保育士の正社員で働かなくてもいい
  • 人と関わらない生き方をしてもいい
  • 疲れたら途中で休んでもいい

「保育士でなければならない」「正社員として働き続けないといけない」という、考え方はいったん置いておきましょう!

>>HSPは保育士に向いてない?上手く活かす方法を保育士が伝授!

HSP保育士が楽になる考え方3つ

保育士のフルタイムで働かなくてもいい

保育士を辞めてもいいんです。

保育士資格を活かせる仕事・ 経験を活かせる場所は、他にも沢山あります!

自分が、保育士を目指した理由はなんですか?

  • 子どもが好き
  • 保護者支援をしたい
  • 子どもの個性を伸ばしたい

様々かと、思いますが・・

その夢は保育士でなくても活かせます。

  • 働く場所:少人数の保育園、児童館、託児所、子育て支援センター、ベビーシッター、習い事の先生など
  • 働き方: 時短の正社員、アルバイト、パート、派遣社員、フリーランス など

少人数で落ち着いたの環境がHSPさんにはおすすめです。

>>時給が高い保育士の派遣社員はHSPにおすすめ

人と関わらない生き方をしてもいい

HSPにとって、全てが「刺激」です。

満員電車に乗ったり、人と関わったり、街を歩くだけで体力を使います。

もちろん、人の気持ちに寄り添えるHSPさんにとって、保育士は天職だと思いますが、保育園は「情報に溢れた非常に疲れる場所」であることは間違いないです。

在宅ワークで働く道も一つの手です。

>>HSPは結局、在宅勤務が1番幸せな件

疲れたら途中で休んでもいい

自分の道が分からなくなった・・

疲れてしまった・・

そんな時は、ゆったり休んでみましょう。

私は、無理をしすぎて適応障害になった経験があります。

私自身、休職・退職をして自分を見つめ直す期間を作れたことで、自分にあった仕事・働き方を見つけることが出来ました。

一度ゆっくり自分に向き合ってみましょう!

HSP保育士が楽になる考え方3つまとめ

保育園にいると、「みんな頑張っているから、私もやらなきゃ・・」と追い込んでしまうかもしれません。

でも一歩、保育園を出ると、様々な働き方があることに気づきます。

私自身も・・

  • 資格も取ったし保育士しかない!
  • 保育士しかやったことないから、保育士しかない!

と縛りつけていました。

でも、もっと自分を大切にしてもいいのかもしれません。

 >>保育士はHSPの天職!正社員を辞めて、自分に合う働き方にチェンジしよう

HSP保育士が楽になる考え方3つ
  • 保育士の正社員で働かなくてもいい
  • 人と関わらない生き方をしてもいい
  • 疲れたら途中で休んでもいい

ぜひ、参考にしてみてください!

保育士資格を活かした一般企業就職5選!元保育士が解説します給料も低くて、待遇も悪い保育士。一般企業に転職したいけど、せっかくなら、保育士資格や、今までのスキルを活かしたい!そんな方に、本当におすすめしたい5つの業種を紹介します!...

\ HSPが全て分かる本はこちら /

\励みになります/

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です